MENU

M&A業界とはどんな仕事?M&A業界が求める人物像をわかりやすく解説

M&Aは中小企業の事業承継問題の解決策として近年注目を集めており、業界全体の業績も大きく伸びていると言われています。M&A業界は他の業界に比べると利益率が高いと言われ、社員に対する還元率も高いことから平均年収が高額です。

そのため金融業界からの転職先としても近年大きな注目を集めています。今回の記事ではM&A業界の業務内容や業態を詳しく見ながら、転職先として魅力や求められる人材について解説していきます。

目次

M&A業界の業務内容は?

M&A業界は企業買収を全般的にサポートするため、他業界では経験できない業務が多くあります。特に企業の会計や財務に関わる機会が多いことから、財務・会計の専門知識も必要不可欠だと言われています。まずはM&A業界の業務内容について詳しく見ていきます。

相手先の提案

企業を売却・買収する際は、売り手側も買い手側も相手先となる企業を見つけなければいけません。相手先は企業の経営者だけでは簡単に見つけることができないことから、仲介会社や専門家に業務委託を行うケースが多いです。

そのためM&A業界では、相手先となる企業の調査・提案が重要な業務になることが多いです。仲介会社や専門家はこれまでの成約実績に基づいた様々なネットワークがあるため、これらを最大限に活用して相手先の調査・提案を行います。

サポート体制

相手先が決まった後は売却に伴う様々な交渉が行われるため、専門家のサポートが必要になります。交渉ではそれぞれの経営者が要望を出しながら、様々な取り決めを話し合うことから、専門家のサポートがなければ取引が決裂する可能性もあります。

交渉のサポートは、相手先の提案と同じ専門家が担当することが多く、過去の経験に基づいた豊富な専門知識やスキルが必要とされます。

スキーム選択

M&Aでは企業を統合するためのスキーム選びが非常に大切です。スキームは統合後の企業の様々な分野に影響がでるため、それぞれの企業に適したものを案件に合わせて選ぶ必要があります。スキームを選ぶ際は、仲介会社や士業事務所に属する税理士や弁護士がサポートしてくれるケースが多いです。

購入価格の決定

買い手側は相手先の企業の価値を計算して取引金額を決めるバリエーションと呼ばれるプロセスがあります。バリエーションはM&Aの実務に関する専門知識が必要であるため企業の経営者や担当者では、計算できないことから、仲介会社や金融機関などの専用部門に業務委託を行うケースが多いです。

評価

買い手側はう売り手側の企業を分析・調査するデューデリジェンスも必要不可欠です。財務・法務・税務関係はもちろん、社内のトラブルなどを含めて徹底的に調査を行います。デューデリジェンスは取引金額の決定はもちろん、統合後の経営にも大きく影響を与えることから、それぞれの分野の専門家に業務委託を行うことになります。

資料の作成

M&Aでは多数の資料や契約書を作成しなければいけません。使用する資料や契約書は秘密保持契約書、基本合意書、株式譲渡契約書などがあげられますが、スキームが複雑化すれば、より多くの資料が必要になります。

資料や契約書の作成は、膨大な時間と専門知識が必要であることから、仲介会社や弁護士などの専門家に依頼することになります。

統合

M&Aはすべてのプロセスが終わった後の統合業務が最も大切と言われています。企業同士の統合が円滑に行われなければ、業績の鈍化や従業員の離職といったトラブルの原因になります。そのため、統合のプロセスでは、それぞれの企業の担当者だけでなく仲介会社や専門家にサポートをしてもらいながら業務を進める必要があります。

M&A業界にはどんな業態がある?

M&A業界と一括りで見ても様々な業態があります。中小企業のM&Aでは仲介会社に業務委託を行うことがほとんどですが、事業の規模や業務によってはファイナンシャリーアドバイザリーサービスや、金融機関に業務委託を行うケースもあります。ここではM&A業界での主要な業態について、それぞれ解説していきます。

M&A仲介会社

売り手と買い手を仲介しながらM&Aを全般的にサポートします。仲介会社のアドバイザーが双方の企業に歩み寄りながら業務を進めてくれるため、スムーズにプロセスを進めることができます。仲介会社の多くは自社のネットワークがあるため、相手先となる企業の選定や、士業事務所への業務委託もスムーズに行えるメリットもあります。

仲介会社に業務委託を依頼する場合は売り手と買い手の双方が手数料を支払うことになります。

M&Aサイト

売り手側と買い手側の双方が登録し、相手先となる企業を探すことができるサービスです。近年のM&A業界は中小企業の企業買収が積極的に行われているため、気軽に相手先を検討することができるサービスが人気を集めています。企業同士の出会いをサポートするだけでなく、交渉まで進んだ企業を専門のアドバイザーが支援するサービスもあります。

証券会社・銀行

証券会社や銀行は本来の業務以外にもM&Aに関するサポートを行っている場合があります。証券会社や銀行の武器は全国にある支店や取引先とのネットワークで、相手先の企業を探す際に活用することができます。また、買い手側の立場から見ると、買収を行う上での資金調達をスムーズに行えるメリットもあります。

ファンド

投資家から調達した資金で企業を買収し、買収した企業の業績を高めて売却することで利益を得るファンドです。業績を高めた企業は新たな買い手に売却するだけでなく、株式を上場して利益をあげることもあります。

ファイナンシャルアドバイザー

売り手か買い手のどちらかと業務委託契約を行い、M&Aに関する全般の業務をサポートします。双方の間に入る仲介会社とは異なり、契約した企業の利益を最大化するためのM&Aの成約が目的となります。

FASの大手企業では、社内に専属の公認会計士や税理士を雇用しているケースも多く、デューデリジェンスや統合といった専門性の高い業務にも対応できる場合があります。

M&A仲介会社への転職

仲介会社は上場企業と比較しても破格の待遇を用意している会社が多く、様々な業界からの転職先として人気を集めています。特に金融業界では、財務や会計関係の知識や経験を活かせることから多くの人材が活躍しています。ここでは仲介会社への転職に関しての情報を見ていきます。

年収

仲介会社の中には平均年収が1000万円を超える企業も多く、他業界から比べると破格の報酬が用意されています。M&Aは取引が完了することで動く取引額が非常に多いことはもちろん、成約まで長い日数がかかることから、他業界に比べて利益率が高いと言われています。そのため、業務に携わる担当者に対しても大きな還元率になっています。

また、M&Aに関する業務は専門性が高く、実務面と営業面で様々な知識や経験が求められることから、一人一人の人材の能力が企業の収益にも大きく影響します。

転職の際に求められるスキル

仲介会社の中には未経験者の採用も積極的に行なっている会社が多く、様々な業界の出身者が活躍しています。未経験者が仲介会社への転職を考える場合は、案件を獲得するための営業力や実務に関する経験を前職で経験していると採用活動を優位に進めることができます。

金融業界の経験者は営業面も実務面でもM&Aに必要なスキルを身につけやすい環境にあることから、転職を検討する際は大きな武器になりそうです。

活躍できる人材とは?

M&Aのアドバイザーは企業間のM&Aを成約に導くだけでなく、様々な業務に携わることになります。そのため、高い年収だけではなく仕事に対してのやりがいを感じて、強いモチベーションで業務を進められる人材でなければ活躍することは難しいです。本章では、M&Aアドバイザーとして活躍できる素質がある人材の具体例を紹介します。

業界全体の活性化に関心がある人

日本では市場が業績が伸び悩んでいる業界の活性化にM&Aが積極的に活用されています。そのため、仲介会社でも企業単位ではなく、業界全体の再編や活性化をサポートする業務が増加していると言われています。

M&Aに関する様々な業務を進めていく中で、それぞれの業界全体を盛り上げる事に対して強いモチベーションのある人材は活躍するチャンスがあります。

高いモチベーションを持っている人

仲介会社の業務は、相手先の提案から統合までのすべてのプロセスを担当者がサポートすることになります。そのため、自らの手で案件を成約に導くことができれば大きな達成感を感じることができます。

特に事業規模の大きい企業の案件を担当したケースでは、他業界では扱うことのできない取引額を動かすことになるため、仕事に対するやりがいも大きいです。大きな達成感を感じられる仕事に強いモチベーションを感じる人は活躍する素質があるかもしれません。

向上心のある人

仲介会社では会計や財務といった実務関係の経験はもちろん、案件の獲得や交渉などで営業関係の経験も得ることができます。これらの経験は同業他社だけでなく、大手証券会社やメガバンク、上場企業のM&A部門などへのキャリアアップも可能です。また、営業成績が優秀な人材は、独立してフリーランスのアドバイザーとして活躍することもできます。

業界内で活躍するだけでなく、さらなるキャリアアップを目指して業務に打ち込める人にとっても最適な業界だと言えます。

金融業界からM&A業界への転職を検討しよう!

M&A業界はM&Aにおける様々な業務のサポートを行う業種で、仲介会社を中心に、FAS・金融機関・投資ファンドなどがあります。他業界に比べると年収が高額であることから、転職先としても人気を集めており、中途採用の採用枠も年々狭き門になっています。金融業界の経験者は、会計や財務の実務だけでなく、営業のスキルも身につけられることから、中途採用でも有利に働くことになります。

金融業界からの転職を考えている方は、実務と営業の経験だけではなく、M&Aに携わる仕事を前職で経験できれば転職活動の大きな武器になるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次