MENU

事業承継問題を解決する「M&A ナビ」とは?M&A ナビの特徴と利用方法を解説

日本の中小企業は事業承継や企業戦略の一つとしてM&Aを活用する動きが増えており、そのニーズは年々増加傾向と言われています。そんな中、M&Aをもっと身近に検討できることを目的としたインターネットサービスが人気を集めており、近年は様々な企業が事業を展開しています。

M&Aナビは売り手側と買い手側の双方が一切の手数料をかけずに利用できるM&A仲介サービスで、費用を抑えることはもちろん、スピーディーな成約を実現することから注目を集めています。本記事では同サイトのサービスを見ながら、売り手と買い手の双方が利用するメリットなどについて詳しく解説していきます。

目次

M&Aナビとは?

M&Aナビは株式会社M&Aナビが運営するM&A仲介サービスです。M&Aを検討している会社は売り手側も買い手側も利用することができ、オンラインを介して候補先の検討から成約までをすべてのプロセスを完了させることができます。中小企業のM&Aでは、仲介会社に業務委託を依頼することがほとんどでしたが、同サービスを利用することで大幅にコストを抑えられ、気軽にM&Aを検討することができます。

運営する目的

同サイトは日本の中小企業における企業承継問題の解決を目的として運営しています。仲介会社にはできない中立な立場からインターネットを介してサポートすることで、企業側がよりコストを抑えてM&Aを検討できます。また、既存の仲介業の業務を、インターネットを介して効率化することで、M&Aがより身近になる社会を目指しています。

M&Aナビの特徴

M&Aナビは企業が手軽にM&Aを検討できる様々な特徴があります。特に、買い手側も売り手側もインターネットを介して交渉を進められることから、通常のM&Aに比べて大幅に時間を短縮できます。また、コストが安価であることから豊富な企業が登録を行なっており、豊富な企業の中から相手先の候補を見つけることができます。本章では同サイトの特徴についてわかりやすく解説していきます。

手数料が無料

同サイトは利用料、着手金、成約報酬などのすべての手数料がかかりません。M&Aを仲介するサービスの多くは成約時に手数料を支払うか、提供する仲介業者との業務委託契約が必要なケースがほとんどです。同サイトの場合、売り手、買い手の双方がすべてのサービスを無料で利用できるため、M&Aを検討する際にかかる企業側のコストを大幅に削減することができます。

スピード感のあるM&Aを実現

同サイトはオンラインを介して交渉や契約の手続きを進められるため、通常のM&Aに比べて成約までの時間を短縮できます。M&Aは交渉や手続きが複雑化しやすいと言われており、半年から1年弱の時間がかかってしまうことも珍しくありません。同サイトではオンラインを介してスピーディーに交渉を進められることから、通常の1/3程度で成約までの工程を進められると言われています。

幅広い企業

同サイトは業種や業界を選ばずにたくさんの企業が登録していることから、豊富な選択肢の中から相手先の会社を選ぶことができます。同業他社はもちろん、思わぬ異業種との出会いがきっかけで、両社にとって魅力的な案件を進められた事例も多いようです。特に相手先となる会社の候補や業界が絞られていない企業にとっては大きなメリットがあります。

無料査定

同サイトは登録後に株価査定サービスを実施しているため、売り手側の企業は自社の価値をすぐに算出することができます。株価の査定は無料で行なっているため自社の売却を検討している方は、仲介会社に相談する前に無料査定を利用してみましょう。無料査定の金額を参考にし、事業の売却を取りやめることもできます。

M&Aナビの売り手が利用できる機能

M&Aナビでは売り手側と買い手側のそれぞれが快適にM&Aを進めるための様々な機能が搭載されています。売り手側は生涯に一度のM&Aを効率良く、安心して進められるだけではなく、自社の価値を最大限に引き上げた売却を検討することもできます。

チャット機能

同サイトでは売り手側から買い手側の担当者にチャットを介して自由に連絡をとることができます。これによってそれぞれの求める希望や条件などを、直接やりとりすることができます。また、同サイトの運営側のサポートが必要な場合は、同じくチャットで相談することもできます。

案件管理機能

同サイトの案件管理機能は、M&Aの複雑化するプロセスをわかりやすく案内してもらえます。M&Aは次に取り組むプロセスが複雑で、仲介会社のサポートがなければ経営者や担当者が混乱してしまう事例も珍しくありません。同サイトの機能を使えば、オートマチックに次のプロセスが案内されるため、効率良く工程を進めることができます。

オークション機能

2022年の冬から公開される予定の新機能です。売り手の案件をオークション形式で公開することで、自社に対しての売却条件が良い企業への売却を検討することができます。自社の売却時の価値を少しでも落としたくないと考えている売り手にとっては非常にメリットのある機能の一つになりそうです。

M&Aナビを売り手側が利用する流れ

同サイトに登録を行い、案件を公開します。公開している案件にオファーが届いた際は、経営者と担当者で吟味し、魅力的なオファーを承諾しましょう。案件を承諾した際は秘密保持契約をオンライン上で行います。契約後は買い手側の担当者と直接交渉を行い、お互いの条件が一致した場合はM&Aの成約となる流れです。

M&Aナビの買い手が利用できる機能

買い手側の企業もM&Aを進めやすい様々な機能が搭載されています。特に膨大な案件の中から直接交渉先にオファーを出せるため、気になった企業との交渉をすぐに進められるメリットがあります。

直接オファー機能

同サイトでは膨大な数の売却案件の中から気になった企業に対して直接オファーをだすことができます。売り手側がオファーを承諾した際は、チャット機能を利用してすぐに交渉を進めることができます。もちろん、電話や面談での交渉を希望する際は、双方同士で協議し、アポイントをとることも可能です。

秘密保持契約機能

M&Aは双方の企業で重要な交渉を進めることになるため、秘密保持契約書の締結が必要不可欠になります。同サイトではオンラインを介して秘密保持契約を締結できるため、買い手側も安心してM&Aのプロセスを進めることができます。

M&Aナビを買い手側が利用する流れ

同サイトに会員登録を行い、条件にあった案件にオファーをします。オファーを売り手側が承認した場合、秘密保持契約を締結し直接交渉することになります。売り手側の担当者と交渉、商談を行い、お互いの条件があった場合は成約となります。同サイトを利用したM&Aでは、オファーを承諾してから成立まで平均3ヶ月程度と言われています。

M&Aナビクラウド

同社が提供するもう1つのサービスがM&Aナビクラウドです。同サービスでは、中小企業のM&Aを担当することになる地方の金融機関が、円滑に業務を進めることためのサポートを行い、M&Aナビと同様に無料で利用することができます。

同サービスを利用すると煩雑になりがちな複数の案件を管理しやすくなるだけでなく、地方の金融機関が新たな案件を獲得できるメリットもあります。

案件のデータ管理

同サービスを活用するとそれぞれの案件を顧客ごとに適切に管理することができます。取引先のデータはもちろん、面談の記録なども管理できるため、複数の案件を同時に抱えている金融機関の担当者も円滑にM&Aを進めることができます。

連携サポート管理

同サービスでは営業店の担当者が入力したデータを本部でもすぐに共有できるため、案件の連携を迅速に行えます。地方の金融機関では本部への承認に余計な時間が取られてしまう事例も多いですが、案件の連携を利用することでよりスピーディーにM&Aをサポートできます。

マッチング

マッチング機能では様々な中小企業の小規模案件を探すことができ、通常では案件化しにくい相談でも取引に結びつけることが可能です。マッチング機能を利用する際はサービス料や成約手数料などもかからないため、小規模案件の売り上げのすべてを金融機関側の収益にすることができます。

M&Aナビ クラウドを利用するメリット

M&Aを利用すると金融機関の作業を効率化するだけでなく、新たな案件の獲得ができるメリットもあります。特にこれまでM&Aについて取り扱うことの少なかった金融機関にとっては新しいノウハウを蓄積できるチャンスでもあります。

マッチングの増加

同サービスを利用し、複数の案件を効率良く管理することで、担当できる成約件数を増やすことができます。顧客のニーズや要望などは提携先の金融機関や関連会社とも共有できるため、作業の効率化によって捻出した時間を経営者のサポートに回すこともできます。

小規模案件への対応

同サービスではM&Aナビをそれぞれの金融機関に向けてOEMとして提供しているため、小規模案件の交渉を取引先の企業同士で進めることができます。これによってこれまでは対応できなかった小規模案件にも担当者のリソースを割かずに対応することができます。

ノウハウの蓄積

同サービスでは金融機関が仲介会社を介さずにM&Aを進めることができる機能が揃っているため、これまで担当してきたデータやノウハウを自社に蓄積することができます。ニーズの増加によって新たに事業承継を進めていく金融機関にとっては、経験者が少ない場合でもM&Aのノウハウを築き上げていくことができます。

M&Aナビを活用して円滑にM&Aを進めよう

M&Aナビは売り手側も買い手側も無料で利用することができるサービスで、相手先の企業を探せるだけでなく、交渉や契約までのプロセスのすべてをオンライン上で円滑に進めることができます。仲介会社に業務委託するよりもコストを抑えられるだけでなく、企業の選定から契約までをスムーズに行えるメリットがあります。

企業の売却を検討している中小企業の経営者の方は、無料で利用できる企業査定機能もあるので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次